The love that breathes

例えば空を見上げるような.

愛は此処にある、って2人が朗らかに笑う世界がすべてだ

KinKi Kids Party! 7/15 @横浜スタジアム

貴重なご縁を頂き、参加させて頂きました。
こんなにも明け透けな愛に満ち溢れた世界があるんだなって。笑ったり泣いたり、もうしあわせ以外のなにものでもなくて。こんな夜があるなら、KinKi KidsはいつまでもKinKi Kidsで在れるんじゃないか。そんなことを強く深く思いました。



剛さんが突発性難聴で入院する、って光一さんの口から発されて。心臓が止まる心地のしたあの夜。
退院されて、けどテレビ収録は引き続き光一さんお一人で、経過が良くないのかな、Partyはどうなるんだろうと思って。2日前に「剛さんは生中継で映像出演」と開示があり。
喜びも悲しみももう一緒くたで、そうしたら前日Show must go onとLove Fighterが届いて。光一さんのこんなひりひりした、結果でなく過程の心境を目にすることはないと思いながら、お2人にも想像がつかない明日を最高に幸せな時間にしよう!なんて心に誓って迎えたParty。
当日空は青く高く、夏の似合わないお2人を祝福するような天気だった。今夜大雨のあの日は再来しない。


会場に入ると、ゲートでロゴ入りタオルとお2人からのメッセージが入ったビニールバッグが配られ…贅沢過ぎるし売ってくれたらお金出して買うのに、売上貢献するのにという気持ちで一杯←
セットは赤青のスクエアモチーフで、スタンドの椅子の色も赤青(正しくは橙青)で嬉しくなってみたりして。今日はBGMにKinKi Kidsの曲が掛かっている。

冒頭光一さんの天の声が響いて、なんとなく臨んでる感、挑んでる感…緊張感とは微妙に違う声音の挨拶から、剛さん呼び込み。「つよしくん〜〜!」て会場一体で呼ぶ感じ(*´∀`)
反応して、スクリーンに鼻メガネ&でっかくなっちゃったな左耳付けたアップの剛さんの顔が映った瞬間。素直に破顔したし、同時にほんと泣きそうになった…楽しい雰囲気を意識的に纏う剛さん、気を遣ってるってよくよく判る。
ゆるっとした白Tに黒い長めのカーデ。後から立ち上がったらモノトーンのハーフパンツでゆるっと感あるコーデでした。光一さんのツッコミ「情報量が多い!」笑

それから光一さんが「先ずは剛くんの口から話して貰わないと(先に進めないからね)」と説明を促して、剛さんの口からこれまでの経緯説明。話す最中時々ずれる鼻メガネを直す仕草も可愛い。スケッチブックに手書きの文字とイラストで。いつもの丸文字で、けれど書かれている事実は重たくて。けど「しかし仕事を略して『鹿仕事』」ってスーツ姿のキュートな鹿さんイラストとか、「しかし重度、略して『鹿重』」なんて四頭積み重なった鹿さんとか。病室のベッドに居る自分、ひっとり〜じゃない〜/ぼくはおもう〜を口ずさむ剛さん、クレイジーなおじいちゃん医者(光一さん「こんなお医者さん?」「いえ本当は女医さんです」なんて一幕も)に鼓膜に注射されようとしてたり、高酸素マシンの中で膝を抱える自分。剛さんこのイラストいつどんな気持ちで描いて、どんな心模様で私たちに伝えようとしていたのか、凄く笑わせて貰いながら聴いていたんだけど、なんだかそれを考えるだけでまた涙が出そうになって。いつもいつもこの方は自分の痛みより周囲の痛みを優先して、自分の辛さを隠すから。音楽者人生に関わるような今回のことだってそんな風に話すから、堪らない気持ちになって。治療法もドクターストップで入院して1週間は4.5時間点滴、良くならず鼓膜への注射4回、高酸素療法を実施。今は耳や首の針灸治療中で、2週間後の状態で固定されるため少しでも良くなるよう計っているとのことでした。
一通り説明が終わると「俺こんなに長く後ろに居る予定じゃなかった」と光一さん。剛さん「じゃ僕の口から登場しますか」とえへんおほん喉に詰まったもの出すように咳払い。どアップの口元、スクリーンが引っ込んで剛さんの口から光一さん登場(爆笑) スーツきめきめの光一さん、暑いわ!って…剛さん「打ち合わせで服装聴いてて『暑いやろ』と思っていた」趣旨の発言笑 でも止めたりはしない系笑
今日会場にいないのはドクターストップもあり、光一さん曰く「光ちゃんストップ」もあり。専用のイヤモニ作るとか防音室設けるとか色々検討した結果とのこと。「万全じゃない剛くんを横に置きたくない」ってなんですか堂本光一のイケメン具合…!! この時剛さんが後ろで「ドクター…堂本…Dストップ…」ってもにゃもにゃっと小ボケしてた(拾われなかった)のが可愛くて記憶に残っている(笑)

そこから「今日はなーんにも決まってないんです!笑」とぶっちゃける光一さん。皆と信頼関係がないとこんなことできないよ、と言いつつ。健さんが何でもできるように練習しといてくれてって…これもさ、さあって話が出たけど凄いことだよねぇ…!KinKiの曲何曲あると思って…FRIENDSとか(後ほど)ぱっと弾けるの凄いよねぇ…!愛がある。
それから先ずはこの曲にしようと。そして「歌番組では一人だったり他の人と歌ってたけど、今日は皆が剛くんパート歌うんだからね、俺ハモるからつられないでよ?!」と宣言。わあぁと思いながら曲へ。
あと野外だからみんなの顔見えちゃうんだよね…から「ハゲないで」「ハゲても好き」のうちわを発見(笑) 「プログレやってるから大丈夫だよ!!」と反論(笑)
あとあと暑いのくだりから画面越しにファイルで光一さんを扇ぐ剛さん&前に横浜スタジアムでやった時雨で中止になってのくだりからファイルで光一さんに傘をつくる剛さん。それだめやって突っ込む光一さんにえー?てとぼける剛さん。ぐうかわ…!

*Hey!みんな元気かい?

悲しみの〜歌入りが剛さんからで、光一さんがヘイ皆!と声をかけて客席大合唱。これがさぁしぬほど泣けるんだ…みんなひとつになって剛さんパート歌って、光一さん頷いてて、剛さん口パクで身体揺らしてたりして。泣いたら光一さんの姿も剛さんの姿も滲んでしまうから必死に堪え唇の震えも堪え歌いました。
ワンコーラス締めた後、光一さんが「へい剛元気かいって歌おうと思ったの忘れてた」「もっかいやろっか!」で2テイク目。つよし、の声は皆一層気持ちが篭ってたの気のせいじゃない。
光一さんに皆普段はこんな顔して(首上向きでぽかーと口開けて)聴いてるくせに!って言われる。KinKiファンは歌えないのでなく歌わないのです、2人の尊さを目に耳に焼き付けることに一生懸命なのです…!と声高に主張しておきますo(・x・)/

今日なんも決めてないんだよねー、もういっちゃう?て、リリースしてないコンサート映像の冊子を出してくる光一さん。過去映像(ASoBo/DomeDaininkiから武士道/愛してる愛してない/distance/FRIENDS)を映していきます。
*武士道:光一さん映るまで(自分がどんなか)わー怖いわーと連呼するも、映るとかっこいいじゃんおれー!に(笑) 可愛い(笑)
*愛してる愛してない:「剛くんかっこいいね!剛くんこれだよね!」って誰より興奮してる光一さん(笑) 結構光一さんの中にも好みの剛さん像って明確にあるなーと思う。強火金田一ファンだったり。凄く微笑ましい気持ちになる。

*FRIENDS
過去映像からいい曲だよね〜という話から歌おっか、と。ファンの皆様、取り上げられた曲だけども昔のアルバム曲もばっちりしっかり歌えるんだよな…当たり前かもだけど素敵だよな…とほんのり思いつつ。
歌唱後、キーの話になり光一さんが「鳥たちが(高)とーびたってくよー(低)」音程に苦渋なファンの歌真似を…頭上下させてこんなんやったで、って(笑) 剛さんこちら気に入ったらしくもっかいやってや(笑)ってせがんでました笑 微笑ましい笑

このへんで「今日はゲストが来てくれて…」と紹介あり、斗真くんが外野側からステージまでアリーナ向かって左側をラン!結構距離長い、しんどいのでは(笑) ※その後の長瀬くんはステージから登場
斗真くんにありがとうー言いながら斗真くんの頭の上で遠隔クレーンゲーム(撫で撫で)する剛さんが可愛い。あと「立派な俳優さんになって」といぢわるに褒めるくだり光一さん複数回、剛さんも乗っかって(笑)
*distance:踊ってる斗真探そうぜ!となって視聴。あれだろーって光一さんも剛さんもわかるらしい。

雨のMelody(with斗真くんダンス)
バックで踊った振りは忘れないよね、という話あり。剛さん立ち位置で踊る斗真くん〜終わってから昔の俺に教えてあげたい…(この位置で踊って)ごめんなさい…って両手を膝について喉から声を漏らす斗真くん…お世話になった後輩感( ; ; ) これ剛さん踊ってたかな記憶が飛んでしまった(涙)

斗真くんはけて、今度は剛さんの方にふぉ〜ゆ〜が揃って登場!担当カラーの円錐帽子被ってて可愛い(笑) 壁を越える力が凄いんだよね、なんて光一さんが褒めてました。

Happy Happy Greeting
お祝いしましょう〜と剛さんルームにケーキ登場。吹く役について光一さん「いつも俺吹かせて貰ってるから…あっこっちにもあるのね」と剛さんルーム同様にハマスタにもケーキ登場。しかし風が強くて火が点かない光一さんケーキ(笑)
消す前の音楽でハピグリ!twenty years!て字幕も含め替え歌!素敵だな〜幸せだな〜♡ 歌終わりでロウソクをふーと消す剛さんと、結局火が点かないためにふーと消す真似をする光一さん。可愛い(可愛い)

それからふぉ〜ゆ〜からKinKi Kidsへ手紙!しかし封筒に「Kinki Kids」と書いてしまう痛恨のミス笑 しかしこの後ふぉ〜ゆ〜がハケる時に「MA…」とめっちゃ間違っちゃう光一さんも痛恨のミス(笑)

*やめないで,PURE(withふぉ〜ゆ〜)
踊れるでしょー!という話になり「こっち狭いねんけど…」と困惑しながらセルフでケーキテーブル片付けたり画角収まるカメラ探す剛さんルーム一同笑 ふぉ〜ゆ〜含め5人でわたわた…「自分らでやるんや(笑)」と光一さん笑
剛さん黒いカーデ脱いでて、わき腹とか首もと緩めな服(最近詰まり気味だったから久々…!)の肌ちらにきゅんきゅん←
安定のバックでしたね。ダンスだってなんだって、剛さんの表現を見られると泣きそうになるよねー!涙

ふぉ〜ゆ〜はけた位で「限界や暑い!」な光一さん。着替えるわ〜言い出して、蝶ネクタイわからん…と言い堂島さんの前まで歩いていって取ってもらう笑 顎上げて咽元堂島さんに見せる光一さんそーきゅーと!!未来の光一さん奥様はこんな風に手のかかる旦那様を甘やかせるんだな〜いいな〜(妄想)
ステージ上でそのまま着替え出した光一さん、ばさっとYシャツ頭から脱いで(確か…脱ぎ方も萌え…)背中肉体美丸見え…やばいすごい…いい身体過ぎる(♡▽♡)!逆三角形な筋肉の流れが見えるライン…そして徐に被ったTシャツのお腹には金田一剛の顔…!!!(爆笑) こーれ光一さん言い出しっぺなのかな…気になるなぁ…笑
そしたら画面の向こうの剛さんもちょっと…とはけて光一さん「どしたん?」的なリアクションだったんだけど剛さんもトップス徐に脱ぎ出して(腹ちら…!!やばい久々の剛さんの腹筋…!!屈んでた体制が関わってたか分かんないけど結構凹んでるように見えたしシックスパック的なものが見えたような気が…高杉からか耳の関係からか運動されてる最近なのかしら…(´`*)) と一瞬にひとしきり興奮したらTシャツのお腹には光一さんが散々嫌がる(笑)ロンゲ時代の光一さん顔ー!!爆笑
光一さんあひゃあひゃ笑ってた〜こういうおなかからの笑い声聴くと安心するわぁ…。

*ひとりじゃない
この顔Tシャツ着てからのひとりじゃない、ってすごいよねぇ…確か光一さんが唐突に「これ歌っていい?昨日これも歌ったらいいなぁと思って」と言って歌ったのだけれど、剛さんは剛さんで冒頭の病状説明のフリップに歌詞書いてるし。繋がりあってるし…!
2人ともお腹に手を入れてTシャツの顔が歌ってるみたいに前後させたり(そして恍惚の腹チラ)、剛さんは椅子に体伸ばして腰かけて光一さんの顔撫でたりする笑 なんていうかさこの笑いと愛が絶妙に入り混じった空間はなんなんだ。愛してるとか信頼しているとか大好きだとか、そういう明け透けな感情がその言葉無しに贈り合われている空間。

*(仮)突発LOVE
「今堂島くんと作曲してる楽曲があって。どうするってなにも決まってないんだけど、今日ここで披露しちゃおうと思って」なんて言う光一さん。入院中の剛さんの手元に楽曲はあったそうなのだけど、「歌詞浮かばへんかったわ~ごめんな」と。たぶん申し訳なさを隠してころっとした声で仰っていました。

病気の不安や痛みを伴う治療に立ち向かっている剛さんへ、 唯一無二の相方が贈ったものが他でもない音楽って凄くないですか?ここ何年もあんなに合作曲を避けてきた光一さんが、相方の有事に渡したのがKinKi Kidsとしての音楽って。KinKi Kidsというグループは馴れ合いとかそういう柔なもので繋がっているものじゃない、音楽という表現でつながっているということ。今日という日に、舞台裏や作成過程を見せることが好きではない光一さんがファンの前で歌詞のないKinKi Kidsへ生んだ自作曲を披露すること。耳という音楽者にとって本当に大切な器官に痛手を負った相方へ音楽を贈る、KinKi Kidsを止めるつもりは更々ない、他の誰かと表現するつもりもない。そんな無言の、けれどなによりも雄弁な想いの伝え方だなと思いました。

楽曲自体もとてもきらきらしていて、それでいて切なさもあって、夏の夜空に合った堂島さんらしく同時に初期の光一さん楽曲を感じる音楽でした。パート分かれるとこが美味しいんだよ!と言って堂島さんと光一さんでそこもラララで表現。光一さんが「途中まで同じだったメロディーが2つに分かれるんだけど、最後の最後でまた一緒になるんだよ!」って。なんかKinKi Kidsの20年みたいじゃない、ねえ…?
披露中、画面の向こうで作詞の筆を走らせている剛さんの表情や雰囲気、佇まいにきゅんとした…こんな感じでおひとりで真摯に向き合っていらっしゃるんだろうな。
今回の披露で、光一さんお気に入りワード「突発が突発で…(剛さんの耳のことや今日の公演内容)」があって、そこからタイトル候補が「突発LOVE」に笑 光一さんはキャッチーだけどだめや~て最初言ってた(光一さんはたぶんこういう偶然性からじゃなく、練り上げてタイトルつけたいんだろうなぁ)けど剛さんはええやん?と乗り気で(剛さんはこういうその場の発露を大切にするタイプだからなぁ)。サビの頭のリズムにも「とっぱ~つらぶ♪」とうまく乗るやん、と笑 結果後半光一さんも突発LOVEって呼んでたね笑
この流れで剛さんから光一さんへ、僕からもお願いがあって…と。曲作ってるんで、それに歌詞を…と言った時点で俺歌詞は~ごにょごにょと身体くね~とさせる光一さん。けどこんな場面での剛さんのお願いで、光一さんなんかなし崩し的に了承した感じで(^^)♡ あと光一さんもう一曲作曲してるって…愛が深い。

なにも決まってないけど、決まってないのに言うなって言われるけど東京ドームでまた2人並んだ姿をね、と光一さん。その時にこの曲も披露できたらいいね、と。KinKiが揃って音楽をするのは現状では例年の冬コンのようです(8~10月は光一さんSHOCKだし、剛さんは耳の状態と相談しながらかとは思いますが、8~9月夏フェスできっとソロもリリースあるかもな予定、な季節だからね)。それまでにもしかしたら突発LOVEがリリースされたりしないかな~20周年を超えたKinKi Kidsの最初のシングルが今の2人が作った共作シングルだったら、こんな光のある音楽だったら素敵じゃない?そんなの必然であって運命じゃない??(願望)

to Heart
「一曲歌いますよ。to Heart」と言ってアコギを手にする剛さん。観客席から喜びの声。ここでも光一さんが「大丈夫なん?」剛さん「アンプつないでないしこの音量は大丈夫」って。このやり取り以外の場面でも、しきりに耳のことを気遣っていて…なんだこのスパダリ素敵すぎる(号泣)。なんかどこかの会話で(Tシャツ着替えたときだっけか?)、光一さんが「年ですよね、身体にくる。剛は右膝と左耳、俺は右肩が…」って言っていて光一さん?右肩?ってどきっとしたのだけど…
一回軽く試したときはギターの音も乗っていたのだけど、実際に披露したらギターの音がほぼ拾えなくて、図らずも剛さんのアカペラが3万5千人の耳に届く形に。
一音一音、一言一言大切に大切に紡がれているってわかる剛さんの歌声が心に沁みて。美しく儚く、繊細で暖かな情感の込められた音の運び。 神様は堂本剛という御仁にルックスや音楽や演技力やダンス…沢山の才を与えてくれたけれど、与えてくれたなら責任を以て生涯全うできるように授けてくれたら良かったのに、とつい恨み言を言ってしまいそうになる。右膝で踊りを、左耳で音楽を。大切なものばかり奪わないで、なんてつい言ってしまいそうになる。剛さんは昔から置かれた環境を理解して咀嚼してその上で表現をされる方で、今回の耳についてもこの公演でなんとなく元の状態に戻らないことを腹に据えて、受け止めて話している素振りだった。ある意味その点は光一さんの方がどんな無理もさせたくない、そんな風に見えた。
いろんなことを書いてしまったけれど、ただただシンプルに、純真に、堂本剛の表現が、堂本剛が好きだなぁって。何度目か分からないほど、深く深く思ったのでした。

*全部抱きしめて(with長瀬くん)
またゲストが来てくれてます。長瀬!と光一さんの呼び込みで長瀬くん登場!長瀬くんの白いTシャツにはペンででかでかと「きんききっず つよし」と手書きされている!愛!笑 ドラマ撮影中なのにごめんな~と話す光一さん、たまたまオフだったと返す長瀬くん。イケメン。テレ東音楽祭もありがとう、と。長瀬くん「逆に俺以外に頼んでたら嫉妬してたよ!」と。イケメン。←
楽曲は全部抱きしめてでテレ東音楽祭の再現!長瀬くんのボーカルパワーあるんだよな~曲の彩りが変わる。なんのリハもしてませんからね!と。凄い!
*硝子の少年(with長瀬くん)
光一さん「もう一曲やろう、硝子の少年は?」長瀬くん「そんなの恐れ多いわ~!」と謙遜するも披露することに!
はける前だったかな、長瀬くんが光一さんのほっぺにちゅー!光一さん「またBL言われるだろ~!」長瀬くん「ベーコンレタスな!」イヤイヤ照れ光一さんと押せ押せ長瀬くんの一連のやり取りを見詰める剛さん、何か言いたそうで言わないような、寂しそうで羨ましそうにも見えるような、ほんっとに絶妙な表情を浮かべていてうにゃ~って気持ちになった← 
思い起こされるのは他でもないΦコンである、あれはカウコンで長瀬くんにちゅーされた光一さん、それに対して繰り広げられた剛さんからの数々のちゅーと光一さんからのお返しちゅーであった…あれを円盤に入れてくれた事務所様には頭が上がらないのでございます…はああもしこの冬再来があったらなんて空想するでございます←

*Anniversary
「実は8時までだったんだよね、もうだいぶ過ぎてる!」なんて光一さん。最後の曲にしたいと思います、とアコースティックバージョンのAnniversaryを。流れるメロディは麗しく美しく。頭のHey!みんな元気かい?とこの曲だけは決めていたみたい。最後の曲なんだなぁと寂しい気持ちにもなりつつ、一生懸命に歌いました。
光一さんとファンが歌う中、剛さんは柔らかい表情、視線で筆を走らせていて、曲が終わるとイラストとメッセージが!涙 上からKinKi Kids 20thの文字、配られたタオルの入ったビニールバックに描かれていたような2人の姿と、ございます ありがとう ございます の文字。1つ多い「ございます」はバックに光一さんが書いた「ありがとう」の言葉の続きだったりいたしますか…?(ときめき)
歌った後に光一さんがモニターを振り返って、剛さんに「聴いてた?みんなすごく上手に歌ってたよ」と話しかけて、剛さんが「聴いてましたよ」って優しい声で返していて。剛さんパートをファンが歌っている最中、その声を聴いている光一さんの表情は穏やかで優しくて、暖かな幸福を感じながら緩く左右に揺れていて。これまであまり見たことのない表情だった。いろんな難しいことの一切ない、取り払った素直な光一さんの表情に見えた。


最後にお2人からご挨拶。剛さんが少し長めにお話ししてくださって、今日ここまで意図的に明るくしてくれていたけれど、やっぱり胸の中には申し訳ないって気持ちがいっぱいだって痛感するご挨拶で。けど剛さんが謝ろうとすると光一さんが自然と話をさえぎって切り替えて、KinKi Kidsのこれからを話して。今後にワクワクしています、なんて光一さんからKinKi Kidsに対する言葉が出て。私たちもすごくうれしかったし、きっと誰より剛さんがうれしかったんじゃないかなって。
公開プロポーズだったよね、偽れないファンの前で光一さんがこれからを誓っていた。
剛さんから「そこにいるかわいこちゃんたち、いつもありがとう。僕は君たちをいつまでも愛してる。これからも変わらず愛してほしい」それから(マイク越しに)ちゅっ、とキス。愛するに決まっているよ、こんなにも強く優しい2人の愛を、いつまでもいつまでも見詰めていたいよ。

最後は花火も打ちあがって(途中横浜で打ち上げられた花火も見えていたけど)、繰り返さない、二度と廻らない、大切な大切なお2人との夏の思い出だなぁ…と思いました。


2日目は参加していませんでしたが、15日とは異なる後輩達が来ていたり、突発LOVEの歌詞が進んでいてそれが披露されたり(15日の風景が反映されてて心に沁みる…再度書き足された「あいたいよ」が刺さるのです)、最後に2人で愛されるより 愛したい(遅れてもいいから2人で歌おうよ、って光一さんが誘って。バラードいがいいよねと言い選曲した曲がこれってもうほんと狡い、光一さんの明け透けな愛が狡くて幸せで。)を披露したり。

イレギュラーなことが集まって集まってのPartyでしたが、 こんなにも光一さん剛さんの愛が溢れた空間はなかったんじゃないか、と思いました。音楽人として耳の不調を抱えた剛さんの心象は想像もつかなくて。けれど剛さんは自らから音楽を手放す気は更々なくて、耳の調子がどうであってもその時の状態で音楽を続けますと宣言していて。そして現実に直面する剛さんへ、光一さんは普段照れたり言わなくても伝わっているときっと思っている剛さんへの愛情を、身体でも態度でも言葉の端々からも明らかに表していて。光一さんはKinKi Kidsを止める気は更々なくて、剛さんの手を引いてこの先の階段を登ろうとしている。それを剛さんへ、ファンへ、どこかの大人達へ宣言するような夜でした。


これまでもこれからもKinKi Kids堂本光一堂本剛ただその2人だけで、様々な困難を、そしてそれ以上の幸福を、これまでもこれからも2人で乗り越え表していく。願わくばその姿をいつまでも見詰めさせてほしい、そう思います。

 

---

 

2017.8.24 追記

内くんのサマパラ2017に光一さんがゲスト出演(8/22公演)。SHOCK赤ロゴ入り黒ジャージ(上は腰巻き)&黒半袖Tシャツ&サラツヤヘアーで30分喋り倒したそうですが(流石の座長…!笑)、その中で内くんから剛さん部屋に入った際の状況に関して

「とんでもない空気で24インチくらいの小さいテレビを絶妙な距離感で見てましたよ。こっちは光一くんの声しか聴こえない。俺が出てきてファンの方がどんな空気になっているのかわからない」

と話していました。

剛さんにはあの日のファンの歌声は耳に入っていなくて、だから光一さんがAnniversaryを歌い終わった後「みんな上手に歌ってたよ」って優しい声で剛さんに伝えていて、それで剛さんが頷いていたんだなって思いました。ファンの声が聴こえなくても、その情景が剛さんの紡ぐ突発LOVE(仮)の歌詞の中に歌いこまれていて、本当にファンのことを想ってくれる、想いが伝わっていることを示してくれる。凄い御仁だなぁと改めて思ったのです。

 

剛さんの耳が少しでも良くなりますように。音楽が剛さんの傍に寄り添う日が訪れますように。ラジオやTVで剛さんから発される言葉を聴きながら、今も祈り続ける日々です。

8/19夜から、サマソニ初日の夜から、剛さんがF&MBで遣り切れなさを吐露した夜から。Duttchさん発信で、 tu funk all starsがあいがったを一人一人演奏して、編集して、1つの音楽にしてくれている日々です。その日のDuttchさんのツイートも剛さんと話したのかな、このフェスに不参加になった状況への憤りを聴いたのかな、なんて感じる呟きで(「もうすぐ放送かぁ」「ラムネ美味かったなぁ。」「なんでもそうやけど、リハビリせなやなぁ。」)。それから始まった愛の循環です、どうか剛さんがこの輪の中で歌声を響かせる日が訪れますように。

 

 

一意専心

Endless SHOCK 2/24公演 1454th

初めて座長さまを、公演を観劇させて頂きました。

徒然ですが、感じたことを書き留めたいと思います。

 

  

堂本光一という御仁は此処で、この場所で永く永く世界を構築して歩んで来たんだと。幕間、胸の鼓動が鳴り止まなくて、鳥肌が止まらなくて。1454回の重さに圧倒される。光一さんが光一さんとして成し遂げたい、成し続けたい物語が確かにこの空間にはあって、表情や呼吸一つ一つを重ねて重ねて重ね続けて辿り着いた今なんだと思った。

 

光一さんは客観性の人だ。何処までもご自身はこのSHOCKという世界の一つで、光一さんを全てとして脚を運んだ人達にもカンパニーの素晴らしさ凄まじさをまざまざと見せつける。ご自身の生まれ持ったものが舞台という場所では効果的でないと知っていて、それでもこの世界の中心で居続ける努力や鍛錬を表からも裏からもこれ以上なく続けてきた人だ。

舞台や芝居の贅沢なことは普段の彼なら決して見せない面を演技として見せてくれることで、唸る声も荒れた息遣いも生々しいものだから尚一層引き込まれていく。

 

一意専心という言葉がとても似合う。1454回の全身全霊と、そのステージに立つ為に重ねた幾千の全身全霊が、その結果が劇場というステージ。
幕が開いて見える世界があるのだろうから、コンサートでも終演後直ぐに次のステージを考えるのが光一さんなんだな。

 

光一さんのホームなんだな。この方の魅力が詰まっている。
光一さんの歌声に一番彩りを感じられる場所だなぁ。演劇の中の喜怒哀楽が美しくて堪らない。

 

最後客席のスタンディングオベーションを見て、よっしゃってオフマイクの感じで言って…屋良くんと笑顔でガッツポーズみたく腕を曲げてぐっと手を握り交わしてたのときめいたー。美波里さんとも手を交わして〜男性が下からエスコートするときみたいに添える感じで。素敵やったぁ

 

 

ほんと鼓動が高鳴って鳴り止まなくてどうしよう、ってなった。あの頃剛さんが傷や痛みを抱えて零しながら声を絞り歌う姿に私の未来を縫い止められたように、今日という日にSMGOを歌い踊り唸り叫びそして笑う光一さんにこれからの未来を、新しい未来を縫い止めて貰ったのかもしれない。

 

光一さんの口を横に開いて歌うのは癖なのかなぁと不知に思っていたけれど、演劇の世界の発声なのかなぁと思った。光一さんの歌声の鍛錬はショーを重ねる中から生まれたんだな。

 

SHOCKに通い続ける方々は東京ドームではどんな気持ちで姿を見ているのかな。こんなに近く笑顔も苦悶も見える劇場という空間と、2人という奇跡の粒に遠く遠く包み込まれる空間と。

 

こんな人に背中を預けていたんだな。こんな人同士が背中を預け合って、立ち続けていたのがKinKi Kidsだったんだな。ほんと凄いこと過ぎて。20年経って、舞台をはじめてからなら15年経ってからそんなことを知っている。

 

 

光一さんの歌声の機微に気がついて、捕まえられている自分に気がつく。これまでは起伏の少ない、芯の通った歌声だと思っていた。そうではなくて、その芯の周りを纏う羽衣の様な彩りに抱かれる心地良さが確かにあって、この人の声を信じて居たら大丈夫なんだ、って思わせてくれる安心感がある。僕が君を感じさせてあげるよ、って。そう笑みを浮かべるでもなく、ただ一心に歌い踊る姿で、それだけで十二分に私達を魅了するんだ。

 

 

 

観劇から1週間経ちますが、その後めざましテレビや関ジャム、シブ5時等録画していた裏側を映す番組を見たり。1000回公演の際のNHKドキュメントを見たり。堂本光一という御仁の魅力に今更ながら引きずり込まれています。

これまでは多様性の御仁に見惚れていたけれど、芯の通ったこの御仁の魅力に惹き付けられていて…20年目にして、隣に立っていたその人自身の魅力にのめり込み始めました。KinKi Kidsの可能性の塊に、どこまでも深く深く潜り込みたい。改めて、好きなんだと体感させて頂きました。また必ず伺いたいと思います。

 

 

回顧録/2016 (生きているということ、生きたいと思うこと)

去年の暮れに堂本剛さんに会うことをしよう、と思い1年が経ちました。

TUを聴いて、剛さんは世界から解放されたんだと思い、居ても立っても居られない気持ちになったことが理由です。2015年のソロツアーに参加しなかったことをとても悔いていて、やっぱり会いに行かなくては、と思ったことが理由です。

 

 

2015.12.31  2015-2016 Concert KinKi Kids 観覧

KinKi Kidsのコンサートを初めて観覧する。

私にとって、ファン人生の新たな始まりでした。

OP、堂本剛堂本光一が一歩一歩ステージ前方へ向かって歩む姿にただただ圧倒されました。こんなにも高貴で唯一無二で尊い事実がここにあるのだと。そして外周を歩く剛さんの姿が目の前に、双眼鏡がなくとも表情が見えるその眼前に映って、ああ堂本剛という御方は同じ世界で呼吸をしているんだ、汗をかき筋肉を動かし伸びやかに歌い呼吸しているんだと、そんな事実に直面したのでした。

 

2016.2.21  TU FUNK ALL STARS CON!CER-TU 参戦(2.18-28)

剛さんのソロ。開演前からステージに登って音楽を奏でるような、そんな自由な世界まで歩み到達していた剛さん。奏でる音楽は既に会場に合わせる余裕を持っていて、メロウでシックでそれでいて堪らなくfunkな空間でした。歌声に酔いしれて、ブルベリジャンプで剛さんに踊らされる中毒を数年ぶりに体感したのです。そしてこんなにも強く儚く美しい「これだけの日を跨いで来たのだから」が奏でられていることを知ったのです。いつまでも貴方の世界を感じて、信じて、見惚れていたい。心酔して生きて生きたい。そう思った公演でした。

 

2016.6.8  Grateful Rebirth/TuFunk2015 リリース

やっぱり剛さん、季節を廻って、新たな春を去年迎えていたんだな、と確信した2枚でした。ハートフルで自由で心地好いファンクミュージック。解放。悪戯っ子な視線を見せるくらいの。信頼の中で生まれる見たことない視線。表情。生きるためにどうしても必要だった音楽から、自身が救われるための音楽から、誰か音楽の先にいる一人へ届くような音楽への変化。信じる世界の中で解放を見せる剛さん。2002年に旅を始めて今、信じられる世界に到達したんだな、と涙が止まりませんでした。

 

2016.7.20  薔薇と太陽 リリース

20周年に向かうKinKi Kids、というスタート始まりの曲。なんだかキンキキッズがざわざわしているぞ、なんて思っていたけれどそんなものではなかった。日テレの夏の音楽特番での初披露。ああまたKinKi Kidsは自ら自らの固定観念をぶち壊しにきたな、と思った。無粋な言葉で表現すれば惚れ直した。(何度この2人にはこんなにも、幾度も目を見張らされるのだろう、幸せすぎて気が狂いそうな程。)音楽番組の出演数、20周年サイト開設。ああこの人たち20年弱経ってもこんな爪を残して、新たな翼を生やして舞い歌うのかと幸せで目が眩むような心地がした。

 

2016.夏  映画「銀魂」撮影

twitterで若干気配は出ていたけれど、まさか高杉役なんて、と堂本剛界隈の世界が震撼した。年末の東京ドームでだーふく監督の「悪役をやらせたい、殺陣もある、おふざけなし」にぶつくさ言う剛さん、なんてシーンを見たけれど。たぶん来年の夏にはその色気と本気にある意味惨殺されているに違いない。なんとしても生きねば、と思った。こうしてアイドルオタクは命を永らえるのである。

 

2016.8.10  2015-2016 Concert KinKi Kids リリース

嗚呼あの冬に目の前で見た堂本剛堂本光一はあんな顔をしてあんな声をしてあんな身のこなしをして私たちを魅了していたのか、と再認識する。このときBlu-rayデッキを新調する。愛に耐えうる画質を手にする。同じ時間を生きる今に、神様に改めて感謝した。怒涛のリリースラッシュ。今年はKinKi Kidsが私たちを離さない。

 

2016.8.27  平安神宮ライブ2016(8.26-28)参戦

ああ堂本剛は神様や仏様に愛されているんだなと思った。最後のセッションでステージリフトに登り、スモークと光の中でギターを鳴らす姿をみて、素直にそう思った。京都での公演で剛さんなんだかリラックスしていて、MCも柔らかい雰囲気で。東京で冷たい風に吹かれて生きない剛さんがいたとしたら、この柔らかい佇まいを以て命を送っていたんだろうなと思う。

このときatushi nakashimaの服を着ていて、その後パリコレに音楽提供を行う。メディアでほぼ取り上げられてないけどこれきっととんでもないことだよね。

 

2016.9.21  N album リリース

NHK-FMの1時間ラジオ特番(堂島孝平さんゲスト)もありつつ。「陽炎~Kagiroi」を初めて聴いたときにはぽろぽろ泣いてしまった。20年、結成から数えたら25年余を共にした堂本光一と、KinKi Kidsという場所で堂本剛はこんな曲を表現しようと思えるに至ったんだなと。喜びで嗚咽が止まらなかった。咽び泣いた。

アルバム全体としても堂島孝平さん、どんちゃんが参加して新しいKinKi Kidsが見える1枚になった。アイドルらしい煌めきも兼ね備えた、美しい1枚だと思う。「なんねんたっても」のPVに感涙。素敵だなぁ。

 

2016.9.29-11.2  We are KinKi Kids Live Tour 2016 -TSUYOSHI & KOICHI - 公演

10.8&9(宮城)、10.22&23(札幌)計4公演参戦。

アリーナツアーは一期一会の公演が多くて、公演数の限られた例年のドームコンサートでは見せないような楽しさ(例:山下達郎さん風の「硝子の少年」、ぱ~らだ~いすな「ホタル」)をもって歌やMCをしていたなぁと。一緒にいる時間が長くなることで、2人の雰囲気も一層良く近づいていて。地方公演も2年、長くても3年に1回くらいはせめて実現できたらなぁと思う。そうしたら楽しいKinKi Kidsをもっともっと一緒に体感できるよ、みんな。

ハコが小さいこともあって、10.22の公演はステージ前5列目という驚異の席で、双眼鏡なんていらない距離で剛さんと光一が舞い歌う姿を拝見した。とんでもなかった。

それと多ステの良さを知った。演目が一緒であっても自分の席が毎公演違うんだから違う見え方をするということなんだよね。MCは毎日違うし。つぶさにその姿を目に焼き付けたいと思うんだ。

 

2016.11.2  道は手ずから夢の花 リリース

ここにきて歌い上げる曲。その日の調子が相当覿面に表れる曲で、だから嵌ると破壊力も抜群なんだな。個人的には初回のMステでの披露が、アリーナツアー直後で喉のコンディションが整っていて一番やばかったと思う。

 

2016.11  紅白初出場発表

乃木坂46と衣装被りな剛さん。紅白出場かぁ。新たなKinKi Kidsだなぁ。

 

2016.12  年末音楽番組特番

出演数の多さ。読売系列ではトリでちょけるという偉業(笑)。FNS第2夜ではシンデレラ・クリスマスでトップバッターを&堂本BBバンド名義でトリを務める。道は手ずから夢の花のアカペラ入りを間違える光一さん(のちの「誓えばとしふみ踊りだせ」by東京D公演MC)。

 

2016.12.22&23  We are KinKi Kids Dome Concert 2016-2017 -TSUYOSHI & YOU & KOICHI - 東京公演

2公演参戦。アリーナツアーを踏襲し、一部曲目を変更した構成。今年の剛さん納め。アリーナツアーでも行ったブルベリジャンプを5.5万人というハコで行うのは堂本剛くらいだよ。とんでもないと思う。

ストレートな恋愛曲が好きという光一さんと今は作っていないという剛さん。SONGSで舞台裏に密着していたけれど、こんな正反対な面がある2人が2人という形を留めてここまで歩んできた奇跡が、年初のコンサートで登場した2人の姿に感じた「圧倒」される何かの正体なんだと思う。日経エンタで「数年前に解散を考えた」と言った光一さんが表すように、2人でいることを止めるという選択肢だっていつも存在していて。けれど20年、その選択肢を選ばずに居続けた2人に感謝してもし切れない。あなた方の輝きがいつだって私が歩む先の道を照らしてくれていた。

 

 

今年はあと、紅白歌合戦とカウコン(FNS2夜後の事前収録)を残すだけです。

2016年はSMAP兄さんが衝撃的で悲劇的な終焉を迎えることになってしまって。酷い逆説として、今この瞬間大好きな人を応援できること、堂本剛堂本光一KinKi Kidsをしていることの軌跡と運命と尊さをもっともっと信じて応援していきたいと改めて強く思った1年でした。

 

六本木1公演/平安神宮1公演/アリーナツアー4公演/ドームコンサート2公演 計8公演、お姿を拝見しました。剛さんは今を生きていて、命を歌っていて、私もきちんと生きなければ恥ずかしい、と思うことが何度もありました。凄い御仁だなと思います。

 

来年は初めてSHOCKを観劇に行きます。(これは今年のツアーで2人のソロパートを設けたことが理由です。ソロで心身を尽くして歌い踊る堂本光一が命を懸けている舞台を体感するなら今しかないなと思ったのです。)剛さんもソロやろうかな、と言っていたり。年明けにはKinKi Kidsバラードベストも発売になります。応援できる場所があることの幸せを噛みしめて、2016年を締めくくりたいと思います。

 

ハエさんとぱぁ~らだぁ~いす♪

要約したら「あんた大丈夫か?」なタイトルになった笑

 

2016/10/22&23 We are KinKi Kids LiveTour 2016 ~TSUYOSHI & KOICHI ~

真駒内 セキスイハイムアイスアリーナ ~ 札幌!!

 

参戦してきました!!

Twitterに書いた小口レポの個人的備忘記事です。

 

10/22(Sat.)

引き続き剛さん髪長く。搔き上げる仕草がセクシーで。ちょっぴり髭後青くあった?気のせいかな

光一さん髪型、前半はさらさら6:4(くらい)分け。後半は前髪上げて(薔薇と太陽仕様)。後半の髪型、トロッコで後ろ見たけど結構中央に毛の流れ集める感じで固めてるのかな…と思った

剛さん左手首に長めのシルバーっぽい?紐1本復活!(@仙台初日)と思ったらわりかし序盤で解けて落ちたみたいで、途中でステージから拾って前の方に置いてた。残念。

陽炎のライティング。1番は2人並んで白い照明。2番は光一さん後ろ上で赤色、剛さん平場前で青色。時々白と桃色。赤と青を混ぜて桃なんだと思う。振り付けも、しっかり踊る光一さんと、舞うように四肢を指先を操る剛さん。いろんな対比が好き、全部KinKi Kids

剛さん前半〜中盤、結構曲中にフェイク入れててときめいた。楽しい気持ちだったら嬉しい限りだ〜~

 

◆MC

MC入り、両足揃えてしゃがんで銀色のマグカップから水分補給する剛さん。可愛い〜の声に、光一さん毒舌w 俺の可愛くないみたいやん!(スポドリ白色系容器にストローと黒いキャップ)w いやいや膝あんまり曲げずに腰から体曲げて取って飲む光一さんも男前です。

バンメンさんトロンボーン不具合でなんと全編剛さんのpボーンにて演奏!!なんか黄色いな見覚えあるなと思ってた!! 剛さんのpボーンもツアー同行してる事実が…!笑

剛さん「東京出てくる時夏日で。28度とか。それで札幌は…て見たら(スマホ触る仕草)マイナス…?!マイナス2度…身体が吃驚する」
けどけど剛さんも光一さんも順応してますよ、って(o^^o)

光一さん「会場向かってる時、人いるな〜朝市でもやってんのかな、ジャガイモでも買ってんのかな」って会場入りしてスタッフに話したら「それは貴方のファンです!」ってwww 「物販来てたんだね。朝市くらいの世代だったから〜」て光一さんwww

光一さん会場アンケート。男性も来てくれて…から、カップルで来た人ー「少な!」旦那と来た人ー「おおお」旦那置いて来た人ー(これが多かった) ソロの人ー(も結構多くて)寂しいね〜!的なことを身振り付きで笑 剛さんに人のこと言えませんよ僕らて言われてた笑

・ハエ

MC中突然ステージ向かって右手へ跳ねて走る光一さん。何事?!と思ったら「ハエが!!」って!!爆笑

ハエさん白い服で照明当たってあったかいから2人に集まるんだと思うんだよねw KinKiに触れられるって羨ましいねww

ハエ発信の光一さん「俺うんこや〜ん!」剛さんにもとまり「うんこや!」だし、天井の設備見て剛さん「乳首がいっぱい」言うし…やっぱ男子中学生な37歳KinKi Kids!好きです!!←

けどさハエさん、出口見つけなかったら明日も登場しちゃう懸念あるよね…こわいね…笑(※と22日に書いたら23日も現れたハエさん。剛さんのLFみたらバンメンさんのとこにも行ってたって…ほんと持ってかれてるよね!笑)

1週間振りの公演で「振り大丈夫かな覚えてるかな…」な剛さん。昨日の夜寝る間お布団の中で、頭の中で踊ってたそうな(^◇^)可愛い

剛さん「天井に乳首がいっぱいありますけども」確かに突起が沢山…w 「北海道ですからね、牛乳が喉乾いた時によいところで落ちてきて…」
アンコ後はける前にも両腕を上げて「乳首ありがとう!」

光一さんファンサ後「25年にして覚えました」剛さん「大分かかりましたねぇ(ニュアンス)」たぶん中島健人くんのお陰だとおもう…ありがとう…笑

光一さん「もう10月終わる…今年も残り2ヶ月なんですね!」剛さん「早いねぇ〜」光一さん「では皆さんよいお年を!」キレ良く言うしw「北海道では最後でしょ?」との言い分ですが(あってる)、多分ここにいる人の一定数はドームで再会すると思う\(^q^)/

・ラップ

剛さん、光一さんラップやる時に「これ下げて」と動くステージの壁をノックして「すいません隣の堂本です〜」(何回かやったら下がた。可愛い)。降りる時も降りるステージ部分でしゃがんで床とんとんして「すいません上の階の堂本です〜」(めちゃめちゃ可愛い)

・「オタル」

聞いてください、小樽です、の振りから「おたるがとんでいく〜」と歌う光一さんw
新曲は「道は手ずから夢のハエです(めっちゃ勢いよく言い切る)」これも光一さんw
新曲がすごい有様に笑

小樽って光一さんがボケて、そのままホタルに入ったのおもしろかったな…MC押してるって言ってたから問答無用だったんだろな笑 あと光一さんこれきっと前々から考えて臨んだんだろなw

 

◆ソロパート

剛さんソロパートはちょっとメロウな仕上がり。会場空調ないからぴょんぴょこ跳ねても汗かかない!からかな〜いい感じやった〜〜

剛さんソロジャンプのとこ、ステージ奥にカメラ入れてくれた結果、モニターに跳ばしてる剛さんの表情が映る!!やばいめっちゃいたずらっ子なカオしてるよときめくよーー♡♡♡

剛さんソロ、「そろそろテンポあげていきまひょ」3回くらいメロウに抑え目に言ってて〜〜ときめく

剛さんソロでpボーン光一さん。本日は

1回目はすかー(鳴らず)、2回目は「屁じゃ…笑」by剛さん、3回目は伸ばして縮めて「割と鳴るやん」by剛さん、という仕上がりでした!
トロンボーンの方1、2回目は光一さんに寄せて鳴らしてくれるw プロの屁ww

剛さんソロ中、ベースの時途中で1回下ろそうとして持ち上げて、あって顔してもっかい肩にかける。まだ振ってないバンメンさんいたのかな〜あっ、って顔がちょっと可愛かった←

街は間奏のファルセットなし。不細工だ、もちょっと短め。温度の塩梅のせい(あったかくないから喉締まる)かなぁとおもう

 

Timeの時幕が下りてその間から2人が見えるシーンがあるんだけど、その際幕に光一さん側/剛さん側それぞれ、各々の名前と生年月日と血液型…パーソナルデータが表示されては消え表示されては消え…てなってた

 

we are KinKi Kids!あり*\(^o^)/*!喜

光一さんが言うのに剛さんがおっつけ被せて言うのよねん。

  

◆アンコール(挨拶)

光一さん「えっと〜堂島…」剛さん「堂島ロールさんです」その後乗っかる堂島さん…否定しないwww

ハエさんとまったとこ。

(MC中)光一さん右ポケット→剛さん左腰からちょっと垂らしてる白い紐
(ジェロマ中)剛さん肩
ジェロマでスタンド近い時にファンに指摘されてとまってることが判明したそうなwww

アンコで赤青の花紙を正方形に切ったシャワー。アンコ終了後「作業入りまーす!」とスタッフさん言ってたのでこれ今頃掃除してるのかしら…大変だ…よろしくお願いします!

昨日どんちゃんに自分の公演開始15分前に電話したのは剛さんでしたw 開演時間知ってて「15分前やなぁ…」と思って電話したそうなwww

剛さんアンコ残り2曲入る前、シャツ脱いでツアーTをボトムスにinし始める。左腰入れて、前側入れて後ろ入れて最後に右前調整してちょっと裾出してたんだけど。右前調整の時結構ぐっとボトムスに手入れてて勝手にどきどきした…伸びるぴったり素材(°ii°)鼻血

後半のボトムス、剛さんのはあんなに伸びる系の素材だったと知る。ぴったりでシャツinした後前から見たラインがなんかすごい←
光一さんはソロ前にヒップが見えて、ヒップラインが見える〜皺も寄ってる〜革系なのかな硬いのかなそんなことないのかな…な感じ。

光一さん「トロッコ回って気づいた、若い人もいたね笑 幅広い世代にきていただいて」光一さんが観客席みたー!笑

 

◆アンコール 

剛さんアンコトロッコ乗りに移動する時、最初トロッコが乗り場に設置されてなかったみたいで、ちょっと眉間に皺寄せ気味な怪訝な顔(あれいないぞ?みたいな。怒ってるとかでなく)。コンサートではちょっと珍しい表情( ´▽`)

ほんとアンコール中目が5つ欲しい。ほんものの剛さんと光一さんと、スクリーンに映る過去の剛さんと光一さんの表情と、バンド&ダンサーの皆さん。せめてフクロウになって首の可動域広げてぐるぐる見れるようになりたい…(無理)

トロッコで真下から見上げた剛さんは雄だったよ…37歳の汗と色気がとんでもなかったよ…。右脇毛も下から覗いてしまった、やっぱり銀魂で剃ってから少し減ってる気がする(^q^) あと痩せてる(^q^)

トロッコ手振る時口半開き位空けた表情だった。両手ふわふわひらひら振ってて。可愛い。

アンコトロッコ中、ちらっと振り返ってモニターで歌詞を確認し、また進行方向に向き直って歌う光一さん。その振り返りの一連の動作が王子だなぁと惚れ惚れ思った。見返り王子。堪らぬ。

なんねんたっても、「生涯晩年に〜」の光一さんパートで光一さんおもむろにどんちゃんに駆け寄る。そしてどんちゃんが歌う〜〜レア!! どんちゃんに駆け寄る時の光一さんの無邪気で楽しそうな笑顔、すてきだったな〜〜

剛さんはける時「風邪ひかないでね〜」と。LFで17日に鼻声です、って言ってたけど剛さんの症状は治ったのかな、特に声変ってこともなかったから治ってたのかな。MC入り声カサついてて「乾燥してる…」とは話してたけど(空調がないから乾燥してた)

 

 

 

10/23(Sun.)

本日も光一さん素直な分け目&さらさらヘアー。

情熱のOP、2人ステージ中央に並んで立って、照明落として赤色のレーザービームの中で。下半身固定、腰に手を当て支点にして、ぐるっと上半身だけ回す振りがあるんだけど(マイケル・ジャクソン系)、あれめっちゃ格好いいわ…ショーアップを見てる感じ半端ない

剛さんのお腰様炸裂してたよ。序盤の曲でリズムに合わせて腰前後に揺する振り(モノクローム ドリームの入り)あるんだけど、なんか昨日より大きめに揺すってますな感じでぎゃーてなった\(^q^)/
なんとなく入りの雰囲気も昨日より解けて声も伸びてソロの時みたいな表情してたりした(と思う)

naked mind、曲の入りがイントロリズムに合わせてバンドもダンサーも音と身体とめるんだけど格好よかったなー。腰でリズムとって、動かす⇔とめるをする剛さん大好きだーー

 

◆MC

・あんよ、あんよ

光「観客席を見て気づいたことがあった!」からあんよ、あんよのくだり(笑)始まるんだけど、見えてませーん!が鉄板の光一さんもアリーナサイズだったら見てくれるんだね笑

あと光一さんの再現表情は酷いwけど、剛さんの「それあんよ、あんよやん」の言い方は極甘

・飲み物の飲み方

光一さん飲み物にカバーがかかっている状態でそのまま飲もうとする。見てたファンがふぅ~♪て言って話題に。「気遣ってくれてるんですけどね、よくやるんですよ。あとコンビニでコーヒー買ってくれた時とか」こんな顔、の顔がめっちゃ渋いw

剛さんもストローだと思ってマドラーを吸うことある、で再現を。顔ひどいww鼻の下伸ばして眉間にしわ寄りまくりww 光一さんうひゃひゃ笑いで「つよしくんそれめっちゃおもろいwwwもっかいやってwww」と大リクエストw めっちゃ楽しそうだった~!

・光一さんの飲み物ホラー

剛さん「なんかの曲…しっとり系の曲で(光一さんの)飲み物がステージ前下からす〜と出てくんねん。武道館でうわってなったわ!歌ってる時に…怖いわ〜。」 

終わったらスタッフに聞いてみよ、としきりに言う剛さん。

光一さん「タイミング考えてね!」←複数回割と真面目トーンで言う光一さん。
相方甘々…♡

再現してるとき途中からドリンクホルダー出てくるところの下でメイキングのカメラが入って映していて「みなさん見えないと思いますけど下におっさんいますからね笑」と剛さん。うええ円盤化よろしくお願いいたします・・・!

ジンギスカン(剛さん)と寿司(光一さん)

昨日のジンギスカン(byどんちゃんTwitter)、剛さんも行ってたってー! 美味しかったですよ?と。色々聞いて多数決取ったのがジンギスカンで、行くってなって食べたそうです(o^^o)

光一さんは「ジンギスカン苦手なんです」で、お寿司を食べたそうです(o^^o) 臭みがね、だめなんです、と。牛がいいですと光一さん、剛さん「それは羊への差別や」と笑

・拓郎さんライブへ挨拶に

拓郎さんに挨拶に来た白髪交じりの男性が拓郎さん「ぼくより年上?」男性「いえ…年下になりますね」のくだりで二人笑うw 流れで合宿所の食堂のおばさんの声真似する光一さんに笑う剛さん…ファンは置き去りだって全然しあわせなの…♡←

今日も拓郎さんメールくれて、お花もくださっていて。光一さんに「親友だから」という言葉が入ったメールが届いていたそうです。大先輩にありがたいです、と。

ぱぁ〜らだぁ〜いす

拓郎さん「今日やる気なくなっちゃった」発言回顧(拓郎さん面白いよね、寒いとやる気なくなる的な話から)から早く終わろう!と言い出し(観客「えー!」)「ホタルもBPM上げて…」素早く歌う間(剛さんやってくれてw贅沢…!)に「おさか〜な〜」と「お」がつく流行りにw「おペンギ〜ン〜」「おライオ〜ン〜」その果てに剛さんの「ぱぁ〜らだぁ〜いす♪」が続くのであった笑

これ最初に行った剛さんの甘々にやにや顔でのパラダイスぐうかわでした…何回かやってくれて…甘いよ…

ぱぁ〜らだぁ〜いす発案by剛さんに「それ俺のパートやん…!」ででっかい声で最初拒否るw 暫く渋々顔の光一さん。観念してやりましょう、てぎゅーて皺寄せた顔で言って、曲ではやりきるw(昨日のラップも剛さんに「やってや~」って繰り返し頼まれて、最初いやいや言うけれど渋々了解して、でやったらめっちゃ楽しそうにやるの堂本光一だよね笑)
その後自分のソロで一層ノリノリに言っちゃう光一さんw 楽しかったんだねww

ぱぁ〜らだぁ〜いす♪の言い方、ウーマンラッシュアワー中川パラダイスさんがするのと一緒…なはず!笑

ホタルのパラダイスパート、最初おさかな♪が剛さんで光一さんどれ位のちょけ加減か傾聴してたよね、そしたら剛さん割と真面目にいい声で「澄んだ水で泳ぐおさかーな〜」て歌ったから、その後も結構いい声でおつけて歌ってたw パラダイスもソロの方が振り切ってたw

パラダイスのくだり、光一さんホタル終わってはける時に「引きずるからもうしない!」って自分で言ったのに、ソロで声高らかに&剛さんが喋りでしてた位のちょけっぷりで「ぱぁ〜らだぁ〜いす♪」て言うからやっぱり楽しかったんだなって笑

パラダイスのくだり、光「これが東京大阪ドームだけだったらね、やらないですよ。ツアーですからね」剛「今日の特別ということで」「帰りにちゃんとしたホタル聴こう〜ってなりますから」
アリーナツアーありがとう…!!

 

◆ソロパート

光一さんソロも「もう戻れない」のとこ「もうぱぁ〜らだぁ〜いす♪」てwww ホタルの時より全然振り切って剛さんがMCでやってたときばりのはっちゃけ具合だったwww

剛さんソロでの光一さんpボーンも「ぱぁ〜らだぁ〜いす♪」の演奏(笑) 1回目は口で言ってたよ(笑)、2回目はまあまあうまくいって(この時トロンボーンの方も綺麗にぷぅ~ぷぷぅ~て鳴ったよ!プロって凄い(笑))、3回目も1回目以上に口で言ってたよ(笑)

剛さんソロ。街のフェイクあり。セッション中2回くらいテンポダウンも!見たら剛さんドラムの前に行って、脚の上下でリズム操ってるんだよね。上下に合わせてドラムのテンポも上下して。すごいなぁ…!ブラスのvsもあり…すごいどんどん進化する…

剛さんソロ、ジャンプの指を見て跳んでね、の説明も「僕のセクシー(?)でパラダイスな指を見て…」と笑 あほかいな、の所でも「ぱぁ〜らだぁ〜いす♪」て笑

本日もカメラステージ奥に入ってくれてステージを操る剛さんの表情が見えるんだけど、目がくりくりつやつやで、首を左右に繰り返し振ってにまにまじりじりむずむずしてる表情が堪らないのです…めちゃめちゃ好奇心悪戯心に溢れた表情です……兎角ときめく…。ソロでは可愛いヒップを見てることが多いので、この表情が見られるのは今のところはKinKiコンサートだけの贅沢なんだよな…どうか映像化してください……

剛さんソロ。ファンクポーズで跳ねまくった終わり、マイク前に戻ろうと振り返って後ろ向きに歩く時、右足が膝からぴょんてスキップみたいに折れて可愛さに悶絶した

剛さんソロの時って解放されてくると結構空を見上げるんだよね。揺蕩うような姿勢で、けど瞳は乾いてたりして。KinKiの時はプロンプターのこともあるけど表情下向いてること多いんだよな。だからたまにスクリーンに上向きのつやっとした瞳が映ると嬉しくなる。

 

Plugin Love、サビの「Plug in」で音に合わせてばん、ばん!てカメラがそれぞれにズームしてスクリーンに映るんだけど、アップにした時の踊る2人の表情から迸る色気半端ないので…素敵な演出をありがとうという気持ち(*´人`*)

・ハエ再び

ハエふたたびwww Timeの大サビで剛さんの指の上に!!
顔の前、視線の高さに手を持ってきて、ハエに向かって剛さん歌ってるの…見詰めてるの…愛おしむような視線を受けるハエさんずるい←
最後の愛してる、歌い終わった瞬間に飛んでいくハエwww 剛さん「人入ってるやろ」確かにw

  

◆アンコール

アンコ、剛さん髪下ろして登場。ステージ上で括るんだけどその仕草たるや素敵だったぁ…髪結ぶのがエロい男性ってやばい。解く時もカメラ抜いててスクリーン映ってて、解いて前から髪かきあげてくしゃしくゃする仕草の男前具合…これもやばい…(°ii°)

光一さん「乾燥がやばいよね。これから新曲歌いますが声ひよったらごめんね!」 ひよったら、て普通に使う単語だったかな?確かに高音出して伸ばすの大変そうだったけど、全然ひよってなかったよう!!素敵だったよう~~

アンコ最後2曲。
光>堂島くんに提供してもらった〜なんやっけ ←おい笑
剛>この夜を一泊止めてくれ ←www
剛さん歌ってるときもしきりに「一泊!」って素早く挟んでくるの…「一泊とめてくれてありがとう〜」お手ふり笑
泊められるものなら泊めたい!!笑

サポートしてくれてる堂島くん…の紹介のとこでどんちゃん、「光一くんのおペギーンー、素敵だったよ(笑)」と褒める?弄る?笑 早く言う余り「ン」が消えてるあたりね!尚笑ったよね!

 

アリーナツアーだから起こるようなこともいっぱいあって、お二人との距離も近くて(22日アリトロがね…目の前だったんですよ…剛さんも光一さんも37歳男性で色気で男前でとんでもなかったです…)。なによりお二人が本当に楽しそうで。しあわせなしあわせな2日間でした。 ほんとうにありがとうございました。まってて東京ドーム…!!←

 

進化/真価

2016/10/8&9 We are KinKi Kids LiveTour 2016 ~TSUYOSHI & KOICHI ~

仙台 セキスイハイムスーパーアリーナ

 

参戦してきました!!!

※今更レポです。主観満載、記憶違いや誤字等多々あるかと思いますがご容赦ください。

 

 

1.Kissからはじまるミステリー

ステージ前方に幕が垂らしてあって、スクリーンのようになって、映像が映るOP。赤と青が基調で、照明もそうだったなぁ。ペンライト然り。

幕が上がって。イントロでもうKissミスってわかるから…きゃー!!って感じです。

剛さん緑基調のジャケット&ハット&プリーツのラップスカート(?)…流行を捉えていらしゃるさすが堂本剛…。光一さんは片袖の黒基調?ちょっと和テイストも織り交ぜつつ。ダンスありですよ…キミがほしいですよもうもう。

ステージ奥から登場して、バンメンの中央を通り、だんだんと前へ。踊るころにはステージセンターです。乙コンの時も思ったけれど、二人がそろってせりあがって、一歩一歩前へ進んでくると「ああKinKi Kidsだ、まごうことなきKinKI Kidsというひとだ」と思う、実感する。好きが止まらぬ。

「キミがほしい」のあとふっふぅー!て感じでペンライトを振るファン。ジェロマで剛さんにペンライトって振ったりするんだー(ぱあぁ)て気づいたファンが実際の振り付けに合わせて振ることを覚え始めた今日この頃。楽しいな。

9日:席が凄い席で、剛さん側で肉眼で踊っているときの表情が見えるくらいでとんでもなかった(Φ_Φ)涙 幕が上がる前に、8日に「堂島くんに一言言ってから出る」的な話をしていたけど、ほんとになんか一言言って進んでたよ…振り返って声かける一部始終見えてたよ…ほっこりだよ…°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 光一さん序盤少しだけ高音出しづらそうだったかな?

 

2.愛されるより 愛したい

ダンスあり!安定の美しさだよな。20周年お祝いされるよりお祝いしたいといったことを話されていたお二人からの2曲目。メッセージを感じるであります、幸せであります。

 

3.情熱

当時「ださカッコイイ」振りと言っていたダンス。サビでゆらゆら揺れると剛さんのプリーツスカートが揺れるんだな…美しいんだな。

特効演出あり。最初結構驚いてる人いたくらい、ぱん!て。炎もあり。

 

4.ボクの背中には羽根がある

これもイントロからくる~序盤はシングル曲応酬で心が持たない…ぱない…。ダンスあり。

 

5.愛のかたまり

二人きりで歌う。いつもは5万人を包み込む2つの歌声が、8千人というとても限られた人数に届けられていて。贅沢な空間だと思ったし、赤色と青色のペンライトが光る客席が星の海のようだった。二人にこの景色はどんな風に映っていたかな。

 

6.モノクローム ドリーム

衣装チェンジの後登場。白基調、剛さんはロングジャケットに白のラップスカート、ワイドパンツ、白ベレー(可愛いよ…白ベレーが似合う堂本剛37歳。相も変わらず恐るべし)。最初ゆるいボトムス2つ続いて、いつかの公演みたくサポーター巻いてるからゆるいボトムなのかと思っていたけれど、後半はタイトパンツだったから違ったかな、よかったなと胸をなでおろしたのであります。

ほんと、声の伸びがCDより一層協調されて、美しいんだ兎角。

 

7.nakid mind

曲締めの「nakid mind aha」が繰り返すとこ、音を一瞬止めるバンドとの一体感もあってめっちゃかっこいい。

6つに分かれた上下するステージをあちこちと立ち位置を変えながら歌う。縦配置って薔薇と太陽より前はあんまりなかったけど、本公演では頻繁に。これが今のKinKi Kidsにとってのnakidなんだな。

9日:ここまで剛さん目を閉じて歌ってることおおいな…と思ってたけど、この辺からそうでもなくなったので杞憂でした。

 

8.Summer ~僕らのシルエット~

光一さん向かって左、剛さん向かって右へ。スタンド脇へ歩いてくる…ねえ死ぬほどちかいんだけどどうしようどうしよう( ^ω^)光一さんが肉眼ではっきり見える…目の前数メートルに大好きな芸能人がいるんだけどどうしようどうしよう(Φ_Φ)凝視しながらめっちゃ手を振る。肩の線に沿って服につながった白いロングマントみたいなのが衣装についてるんだけど(これもすごく直線的)、それも相まって後ろ姿は見ていて王冠を載せたい気持ちに駆られた笑

ほんと造形美、パーツ一つ一つの線がはっきりしていて、直線の美しさにあふれた御仁だった。歌声もそうかなぁと思っていて、直線的な光一さんと曲線的な剛さん、入りと締めをきっちり決める光一さんと後乗り含め緩やかな剛さん。ある種正反対で、それでいて重なると一つになる歌声。どんちゃんが「補完関係」と言っていたけれど、KinKI Kidsを的確に表現した日本語だなと思う。なんなら辞書に乗せてほしい←

 

9.雨音のボレロ

バラード②です…心にくる…。「僕が言えない代わりに…」の剛さんの高音が美しすぎる。

 

10.陽炎~Kagiroi

イントロで息をのんでしまった。Nalbumで最初に聞いたとき一番心を鷲掴みされた曲だったから。

1番はステージ中央前で並んで歌う。2番から上下するステージで、光一さんは踊りを交えて。剛さんもサビではステップでなく腕や体を使った振りをするんだけど。「崩れだす胸の…」のとこの振り付けがもう兎角兎角とんでもなく美しくて華やかで綺麗で同じ人間じゃないみたいで。指先で手繰ったり、手を上に掲げて何かをつかんだり、「下」のところでは膝を曲げて体を沈めて、「耳を塞ぐ」ではほんとに耳を抑える振り付けを。胸を掴まれて、苦しいくらいの気持ちになった。

 

MC(順不同)

★方言「いずい」で客席とやりとり(9日)

話す最中剛さんがちょいちょいお尻を掻くのでそれが気になるわたし(Φ_Φ)じー♡

腰に表裏で緑と赤の巾着?のようなものついてました。Φマークのマイクの近く。

2つ目の衣装のジャケットをここで脱ぐんだけど、なで肩にゆるグレートップス破壊力抜群(' ii ')鼻血

★勝利くんの話、手越とはまた違うんだよなぁ

光一兄さんは勝利くんからこの調子でどんどんファンサを覚えて後から自分ツッコミディスりしてくださったらいいと思う。後ろに自虐があっても前半のファンサだけ脳内再生するから←

★吉井さんから楽曲提供いただいた、の話から山下達郎さんの「硝子の少年」音源(8日)

剛さん、最初の「♪あっめ~が」のあの音を当てるのが難しい。達郎さんの曲を聴いたら「♪んあっめ~が」と、頭にしゃくれるようなの音が入っていることに気づく。そこから達郎さんの歌い方真似合戦wwうまいし貴重だし贅沢だし爆笑だしwww

★ずんだシェイクのみたいな~by剛さん(8日)→まだのめてません(8日LF)→のみました!美味しかったです~。マネージャーが気をきかせてくれました(9日)

8日の夜も、9日の昼も夜も仙台駅のお店の前に行列ができていたことは言うまでもない← 

★ディズニーお手振り(8日)

ディズニーのキャストしていた人に教えてもらった、と肘から左右に腕を揺らすお手振りを披露してくださる光一さん(貴重)。8日は手を振るような場面で複数回その振り方してたし、9日は本編最後リフターで下がっていくときその振り方してた笑 光一さんが苦手なことをちょっとちょけ風味でやれるようにしてる今日この頃めっちゃいいなー。観客ディスりだって照れ隠しからはじまってこんなに発展したようなものだよね?!光一さん?!(食い気味で尋ねるも回答があるわけはない←

 

11.ホタル

ギターを持って。

9日:長渕剛さん風に歌いだす光一さん&それに乗っかる剛さん。体を横に向けて、顔だけマイク向いて歌う感じ。光一さんはギター高めに持ったりしてふざけ半分かっこいい、剛さんはかっこよさを地でいくかっこいい。そいえばTU Funkで劇的にカッコイイそんな立ち姿で「Tu」言ってましたよね剛さん。

 

小MC

ホタルについてと、これからソロの世界をお見せします、と光一さん衣装チェンジではける。

8日:剛さんMC。ソロの時みたいな、あったかくて説法な言葉を紡がれていたなぁ。

 

12.Danger Zone ~to the unknown world ~

光一さんあのライダースジャケットで登場。赤黒かっこ~い~♡

8日:曲紹介「まじめにやる?ふざけてやる?」で、それではデンジャーゾーンです!てあおむけに寝て足を空中で大の字に開くwww光一さんのデンジャーゾーン丸見えwww

9日:うつぶせで体一直線にして、「それではデン…ジャー、ゾーンですっw」で途中自分で笑いながら曲紹介www

そしてその状態から暗転し、すっと立ち位置に移動して一転激烈にかっこよく歌う踊るわけですよ。This is KDですよねホント。ギャップというにはふり幅が大きすぎるくらいのかっこよすぎる身のこなしですよ…。Aメロかな、あの体制低くしてカメラによってそれがモニターに映る感じ、ショーアップされた堂本光一プロデュースの堂本光一ですよね。狡いくらい煽情的で魅力的ですよ。たまりませんよ。

 

13.INTERACTIONAL

ジャケットを黒に変えて2曲目。マイケルと東山さんを思い起こさせる堂本光一のショータイム。黒いハットを目深にかぶって踊るので表情がみえない…みたい…むずむず。ダンスはキレキレでした。女性に触れる振り付けいいな。

 

14.Slave Maker

この曲のみ私は初聴きでした。腕を高く振り上げるサビがめっちゃもりあがる~確か特効炎あり。高まる~~↺↺

光一さんのソロは見に行ったことがないのだけど、こんな風に自分を一つの空間を構成する部分として魅せて、ダンサーも照明も特効も作り上げられたコンサートを堪能できるんだろうな、そしてMCでの剛さんのツッコミのない更なる毒舌にキャッキャ喜んじゃうんだろうな~と妄想がはかどりました。まずはCDを浚わねばと心に誓ったのでありました。

相方のソロは知らない、という観客にとって最高の機会になったのではないかと思います。キンキのCDからソロがなくなり、ライブでもソロコーナーがなくなりしばらく経つけれど。もう越えることはないんだなと思っていた壁を、二人はこんな風に幾つも幾つも超えていく。私たちはどんどんKinKi Kids派になっていく。

曲後半、「剛くん!」と呼ばれ剛さんギター抱えて登場。背中合わせでギターと歌なんだな~あ~もうやばいな~。

昔のコンサートでハルカナウタで同じ立ち位置で歌った・演奏していたことがあったと思うけれど。その時は「わぁぁ画期的なことを…!」みたいな、どちらかというといつものシンメでない、特別なことをしているように見えていたけれど。今はこの二人の姿に特殊を感じることはなくて、これもKinKi Kidsとして元にある表現の1つに見えていて。二人が重ねてきた時間がここにあるんだ、と強く思いました。

 

15.街

興奮のステージから暗転し、ピアノの旋律で暗めの会場に青い照明が灯る。多くのファンはペンライトの色を赤から青へ、自然と切り替える。誰に指示されることもなく、自ずから。きっとこれは当たり前じゃなくて、本当に素敵なことだと思う。

剛さんの歌にも万感を感じた。2002年に一人で歩むことを初めて、14年経って、KinKi Kidsという場所でこのはじまりの音楽を歌う日が来るなんて。つい先日六本木のブルーシアターで熱狂していたころでさえ、平安神宮でその神々しさに息をのんでいたころでさえ、想像もしていなかった。こんな日が訪れるんだな。だから命を終わらせたいと私は思わない。いつまでも想像もつかない、剛さんと光一さんの今日を心に焼き付け続けて生きたい。そう思う。

Love Figtherも泣けた…。やっぱりソロみたいに綺麗な空の下で歌っている感覚ではなくて、雲も影もあるんだけれど。この場所で街という曲を歌うことへの感情があふれていたなぁと感じてる。

間奏のファルセット?音を永く永く伸ばすところ。美しく美しく美しくて、会場全体が息をのんでいたと思う。ああこれが堂本剛の儚さと美しさだと。大サビ前の「不細工だ」の伸ばして少し歪ませたエコーも半端なかった。私たちが愛して愛する堂本剛はここにあるよ。これが愛して止まない堂本剛という御仁だよ。

 

16.FUNK SESSION

9日は最初サングラスあり(色気ダダ漏れ。ケツ見席だったためにモニターが近く、サングラスの奥の瞳までモニターに映っててすごい得した気持ちだった)、どんちゃんいじりから外す(可愛い)。

「ホンマにたよりにしてまっせ」と「買い物ブギ」での曲構成。ソロ曲ではなく、KInKiとして歌っていたこの曲でのfunk party。光一さんはシングル含め100%ソロ曲で構成したけれど、剛さんはそうしなかった。ここに剛さんのバランス感覚と今のファンを捉えた心情が透けて見えると思う。ソロ曲をすることが正義という意味ではなく、今の剛さんにとってソロの姿を見せるにはこの選択だったんだなと思う。過程はそうあれど、結果として貴重な過去曲でtu funkを浴びたのだからとてもとても贅沢。

だって「おっさん」て単語でコール&レスポンスする人生の瞬間があるなんて思わへんやん?!こんな全身ノリノリで言うと思わへんやん?!楽しすぎてやばいやん!!ということです。笑

8日:これC&Rですが。「堂島おっさん堂本おっさんちゃう」「堂島既婚堂本未婚」「やから堂島おっさん堂本おっさんちゃう」確かにね、確かにね…!www

9日:昨日の内容にいろいろどんちゃん弄り追加があったんですが、内容が面白くて笑っちゃって剛さんの言ってることが笑いで掻き消えるwww ご本人も後半くふふって笑っちゃって、一回演奏が中断するというwww 楽しいし笑い方可愛いしとんでもない!!!笑 (堂島おばさん、じいちゃん、ばあちゃんでした笑)

あとセッションでギタープレイ中に、体横向きでギターのボディに腰を前後に打ち付けるシーンがあって、左右とか回るようにするのはままあるけど前後て…前後に突き上げる感じて…もう…!!な18禁ばりのエロスをお見舞いされた。心が持たない笑

 最中、光一さんが出てきてpボーンを吹くという笑。次の衣装?白で胸にタイのある衣装でしゅっとして出てくるけどまぁ音はなったりならなかったり楽しい感じですよねw 2回くらい剛さんに振られてふく、バンメンさんと俺のほうがうまいぜ的なvsしたりするんだけど。おもしろすぎるよ笑 あとはけ方もね、8日はステージ向かって左で出てきたところからはけたんだけど、9日はバンメンさんの間をうらからして笑、右側のコーラスさん脇あたりからはけていった。なんなんだあの楽しいおじさん(めっちゃ誉め言葉です)笑。ツアーにpボーンが帯同していることがわかったよ楽しすぎる笑。

 このひとしきりのくだりが終わると笑、剛さんが

「そろそろテンポあげていきまひょ」

って言って、両サイドの液晶含め、てーれれれれってーれれれれってバンドと俄然盛り上がっていくんだけど。この前2曲からの繋がりで関西弁で後乗りで気怠げに色気爆発で言われるの破壊力やばいすごい胸鷲掴まれるも甚だしい。まじでずるい。

あと8日、演奏中左肩のジレがずり落ちかかってて、肩の肌色が見えながらギターもベースも弾いてたんだけど香り立つ色気半端ない。あとこのパートはどんちゃんハーモニカ系の楽器で剛さんとコラボします。バンメンさんも堂本剛ワールドのセッションに日進月歩慣れて素敵なパフォーマンスをされるんだろうなぁ。素敵だなぁ。剛さんの指先で振られるソロ。KinKiのこの会場で見れるなんて凄いなぁ。

 

そしてブルベリでお馴染みのジャンプ!ジャンプ!!ジャンプ!!!

こんな季節にこんな会場で剛さんのお尻と腰と腕と指先に弄ばれて翻弄されて飛び跳ねる日が来るなんて。高まりすぎてやばいとんでもないなんかもうどうしたらいいかわからんわからんけどわかる、剛さんの意のままに飛び跳ねるのだ(錯乱)。

指の本数に合わせてジャンプするよ、って剛さんが歌いながら教えてくれるんだけど、その言葉が甘くてエロくて煽情的でね…とろけてる間に飛ばし始めるから言葉を記憶できない← お尻ふりふりするのももうもう半端ない。

あとでレポみたら5151とか2451とかあったみたいで泣けるよ堂本剛ー!

 

剛さんソロを追いかけてきた身としては。ソロの音楽はKinKi Kidsの活動と情宣も何も遮断されて、キンキで話すのはタブーのように始まって。長い月日を経て、今回のMCで仙台のtankの話をしたり、街もfunk sessionもジャンプもあって。堂本剛に異なりはないんだよって思う。強く思う。

 

18.薔薇と太陽

PV再現ですよね…!セットを効果的に使っててすごいやばいいいです。うん←

カメラはしっかり光一さんのシャルドネを抜くのでわかってる~♪という感じでした。

 

19.Unlock Baby

ここからの新譜3連続やばい。ダンスやばい。グルーヴに曲の流れに乗るようなステップ、身のこなし方やばい。剛さんの膝のことがあるから膝一点に負荷がかかりにくい振り付けでもあるんだろうなと思うんだけど、それを差し置いたってただただセクシーでやばい。しかも剛さん髪かき上げながら歌うんだもん。色気ダダ漏れ過ぎて狡いんだもん。ライブで今の長さ顔にかかるってわかるんだから確信犯の髪型なんですか?と聞いてみたい。質問に薄く笑う剛さんの顔が見たい(妄想)

 

 20.Plugin Love

この曲も振りかっこいいな~。サビのPlug in、で腕をくっくっ、て1回止めも入り肩の上から降ろすようなとこがあるんだけどそれがすこぶる印象的だった。

 

21.Fall Dance

この曲も振りかっこいいな~(2回目)。サビ前の左右に揺れるようなステップいいし、サビ終わりの「風に揺れるてのひら」で右腕を下して手首から上向きに、指先をくいと空に向けて顔を上げ空を見る振りがいい。すき。

 

22.スワンソング

確か衣装チェンジかな?白基調。剛さんの襟大き目なジャケットで肩から2本テープが出てる、つばの長い丸いハット。踊るたび紐が揺れて綺麗。8日は左手首にいつもの水晶ブレスレットのほかに、赤(と青?白?)の長い紐みたいなの2本結んでたんだけど、これもダンスありで回るたび肩の紐と一緒にくるっとして綺麗だったな。9日は紐の部分が短くなっていてもったいない!と思った記憶。

しかしこの曲の届きそうで届かない、向かい合わせで腕を伸ばす振りやっぱいいな。いつぞやは体を前に進めて届いちゃったこともありましたが笑

 

23.雨のメロディ

22からシングルラインに戻る!相変わらずいい曲だよ…確かTVサイズだった?ダンスあり転調あり。サビ→間奏踊り→転調だったかもしれない。大サビ前のあの振り付け記憶にある。

 

24.涙、ひとひら

8日は客席からおお~!の声。ライブではひさびさだったのかな。サビだけ?だったかないずれ短め。

 

25.カナシミ ブルー

上下分かれてスタンドに近づいて。これもサビだけかな?どんちゃん繋がり。

TVでもこの曲いい曲だけど歌うのしんどいって最近言ってたけど、なんとかこの先一生のうち1回でいいからダンスありで肉眼で見たいな…。振りキレキレでかっこいいのだし、いまだMステでかとぅーんバックで踊った映像が忘れられないよね…。

 

26.Misty

どんちゃんラインー素晴らしいー。ほんと美しい曲。

 

27.Time

OP時降りていた幕での演出あり。サビで二人の上だけ短めに降りてて、正面から見たら幕のスクリーンの間で二人が歌う感じに見えるんだろうな(凹の逆さ向きイメージ)。

ふおお久々に聞いた…!イントロの荘厳さはライブでも健在。これも短め?サビ? 怒涛のシングルラッシュで畳みかけてくるあたりやばいなー20周年イヤーな感じあるーうおおー(喜)!

 

28.やめないで、PURE

ダンスあり~くる~~!!

 

29.Anivversary

ステージ中央せりあがり。二人が二人として立って歌う、こんなに美しいことはないなと陶酔しながら思った。9日剛さん側のけつ見席でステージめちゃくちゃ近くて、双眼鏡なしで剛さんの歌う姿を一心不乱に見惚れていた。

 

30.ジェットコースター・ロマンス

ぴっぴぴっぴっぴー!でお二人スタンド横の両サイド光剛山へ。剛さんこっち側だったの~山へ行く通路で、唇噛むような感じで口んってした表情で両手を大きく振ってくれたよ~目の前だったよ~どうしよ~~

観客はペンライトくるくるしてたけどご本人方はそうでもなく^^* ただただ光に包まれた剛さんのヒップを見ていた記憶がある…(背中向きの時間がほとんどだったので)。

 

31.硝子の少年

光一さんの「今日はありがとうございました!」の声とともに。ダンスなし。

感慨深いエンディングですよね…。

8日:MCでの達郎さんの流れでモノマネ入りつつ歌う!楽しい!モノマネうまい!勿論歌もうまい!!笑 大サビ前の「僕の心は~」のところから再度ちょけ出して、なんの打ち合わせをしているわけでもないに「んぅぅつぅるぅ~♪」ってしゃくって真似して歌うの、冷静に考えたらすごくないですか?ねぇねぇ下打ち合わせなくちょけるパートが揃うってすごくないですか??(興奮)

 

アンコール

 ツアーT着て登場。光一さんは白シャツの前を開けて見せた状態で、剛さんは黒ボトムスと白いカンフーっぽくみえるシャツで登場、2曲目?で脱ぐと袖カットしたツアーT。腕がなんだか一回りスリムになっているような…筋トレ効果が表れているような(Φ_Φ)じー 8日は最初髪オールバックでぴたっとくくって出てきたのでファンが得も言われぬ息を口からだしていた笑

 

32.道は手ずから夢の花

道は…の続きのタイトルでちょけだす二人笑。

光一さん>新曲です、どんな曲ですか?

8日:剛さん「道はこの先を曲がってアパートに突き当たって右の…(完全ニュアンス)」

9日:剛さん>カーナビの曲です!

ふり幅笑 9日光一さんの車のカーナビはちょっと訛っているらしく、「ま↑た↓」ってアクセントで言うからちょっとかわいいらしい笑 小首を傾げ気味に真似する光一さんが一番かわいいよ…

曲自体はほんとうに素敵なバラードです。夢傷引き続きちょっと強引に背中を押す系「道は手ずからひらけ」ですね。大サビ前の「ああ…」って二人の声が絡むところ綺麗だし素敵だった、TVでもそこは聴けると思うので楽しみだな…。

今年は剛さんソロ含めると、1つ現場が終わる前に次の現場が決まっているくらいのスケジュールでライブが行われていてすごいな…と思う。20周年イヤー様様でございます(御礼)チケット如何はあるけれど、1つ終わって寂しい気持ちになっても「〇月にまた会えるからそこまでがんばる…!」みたいな気持ちになる…!

 

33.夜を止めてくれ

もうまさにタイトル通りの気持ちですよ。この夜を止めてくださいなですよ…!

スタトロです。スタトロって…やばい…!!!近すぎる…!!!

光一さんは直線美でした。体も顔のパーツもすっきりとした直線で、背筋も伸びていて。体幹にぶれがないからこその立ち姿なんだろうなと。ザ・王子とはこのことだと思った。

剛さんは背中を下から覗き上げるみたいなアングルが人生史上最高に近かったんだけど、桃尻が筋トレの結果一回り薄くなっていたような気がする。肩甲骨からなで肩、上腕二頭筋のラインも一回りスリムになっていたような。後ろ姿からセクシーだったぁ~~(蕩)

 

34.なんねんたっても

 スタトロ後半。この曲ダンサーさんはサビで手話を取り入れたような振り付けをやってて一緒に踊りたいし、前方スクリーン左右にはこれまでのお二人のはずかしい(光一さん雑誌談)写真はどんどん流れてくるし、後方からは剛さん光一さんがスタトロでどんどん近づいてくるし…で目が6つくらい欲しかった。1つの目で1つずつ見ないと全部もったいない感じ笑 円盤化するときはいつぞやのようにマルチカットアングルを採用してほしい…どうか…(祈)!!

幸せに包まれるような会場でした。ここにいる人たちは堂本光一堂本剛が大好きで集まっていて、皆が幸せが音楽を奏でていて。とてもあったかい気持ちになりました。

同行した友人(最近は三代目のがんちゃん押し、エイターでもある)は、8日この曲、9日はAnniversaryで泣いたそうな(わかる…)。なんか聞いてる私がうれしくなった(o^^o)

 

挨拶

 ★「べんさん」(8日)

光一さんが「ベースの健さん」と言おうとしたところ縮めて「べんさん」と言ってしまう事案発生(二人も会場も爆笑)。剛さんどんちゃんの「ジワる…」を思い出して8日の夜寝入る前に笑ってしまったbyLF。 眠る前に相方のことを思い出すなんてなんてKinKIオタ喜び事案。笑

 ★どんちゃん弄り

両日ともにはける前に「堂…何さんでしたっけ(8日)」「堂島こうのすけ(だっけか?)さん(9日)」みたいな感じでどんちゃん弄りあり笑。なついてるの!って光一さん発言もその後の公演MCであったみたいで確かに~って感じ笑

ご自身のライブツアー(どちらが日程合わせにいったのだろう^^*)がある最中にもかかわらず、素敵な音楽を、KinKi Kidsをありがとうございます。 

 

ステージ中央へ歩いてはけていく。手を振る背中が名残惜しかった。

両日ともにWアンコはなし。けどキンキコール綺麗だったと思う、お二人にも聞こえてたらいいなと思う^^*

 

 

 ソロコーナーもあって曲数もたくさん入れてくださっていてスタトロで本当に近くまで来てくれて。

ソロについては今この20周年イヤーというタイミングで、各々が重ねてきた時間をKinKiのステージで見せることには大きな決断と意味があったと思うし、

スタトロについても危険だって面もあるからやろうと決めてくれたことは本当にうれしいことだと思う。

剛さんの膝も、膝が悪いから二人とも踊らないではなく、膝回りの筋肉を鍛え支えてあげられるようにする努力をしてしなやかに踊る剛さんがいて、また演出として光一さんは踊り剛さんは踊らないということも特異でなくKinKi Kidsの音楽の見せ方として十分に咀嚼されていて。

プロンプターが大活躍できるくらい(光一さん黄/剛さん桃の歌詞の色分けも、移動方向も今の小節数も見えるんだと知ったケツ見席。二人の姿が近くて、アリーナ席寄るとほんとに数メートルの距離に二人がいて、双眼鏡いらないと思ったし。光一さんの相方正面の雪崩笑顔もよく見えるしでとてつも贅沢席)の、本当に贅沢で幸せなコンサートでした。

 

20年も経てば普通マンネリとか馴れ合いとか起こってしまうくらいの年月なのに、お二人に関してはそんな言語口にすることすら忌避したくなる思うくらい無意味で、無縁で。進化し続けて、真価を表し続ける、昨日は知らなかった堂本光一堂本剛が、KinKi Kidsが、今日も1日1日大切に重なっていって。いつまでもどこまでもその姿を心に刻んでいたいと思う、そんなことを改めて痛感したコンサートでした。

地方にKinKi Kidsが来てくれるという、17年ぶりのアリーナツアー。貴重なご縁も頂いた参戦でもありました、ほんとうにほんとうに、ありがとうございました。まだまだ、まだまだKinKi Kidsが大好きです。

 

煌めき(N album / KinKi Kids / 2016.9.21 release.)

N album / KinKi Kids / 2016.9.21 release.

初聴きの衝動を書き留めたのみの文書。後日加筆するかもしれません。

 

 

アルバムを聴いて泣いてしまった。少し振りだと思う。最近は興奮で心臓がどくどく胸打つアルバムが多かったから。TUとかもそうだった。陽炎となんねんたってもで2回泣いてしまった。陽炎は2回目でより一層さめざめと、涙が止まらなかった。

 

小さな粒が、粒子1つ1つが違えることなく煌めいて、夜空を彩り2人の世界に降り注ぐ。充ち満ちる。いつもの様に佇みながら、けれどどこか優しい微笑みを湛えて。あなた方はさもいつもの様に。けれどそれが何よりも大切なことを知っている。

 

陽炎、剛さんが自分の音楽でなく光一さんにも楽曲を構成させたいと思った楽曲。それが世界に幾つもあるのなら、どうか2人が2人であるうちに私達にも見せて欲しい。眩い宝箱の中の煌めきを世界に放って欲しい。

 

一緒にレコーディングしないでどうしてここまでユニゾンが合うのだろう。曲への解釈、歌い方のスタンスが揃うのだろう。いつにも増して、2人が1人の声に聴こえる時間の長いアルバムだと思う。2人が例えば違う場所に立っていたとしても、違うことなくただ同じ一点を見つめている、見つめ合っていることが声からだけなのに、手に取るようように分かる。

 


1.naked mind
心憎い歌詞の並びだよどんちゃんーー!

連れていくのは もう お前だけ とか、うまくやれるだろ ふたりならとか
捨てた上で残るのが相手だなんて!

剛さんもKinKi Kidsも自身の内面に指をさして向かい合うように諭す。異なる音で、異なる表現で。

 

4.星見ル振リ
剛さんのほろりと言葉を置くような歌い方。

嵐みたいなアルバムだなって思った。KinKi Kidsのポップスとはかくありなん、そう思った。

そんな掠れるような優しい歌い方。ずるいよ好きになっちゃうよ。

 

6.鉄塔の下で
鉄塔は風の中にある大切なものを具現化するための心の操なんだな。

 

7.ホタル
イントロからずるい。光一さんの歌い出しのブレスもずるい。

剛さんが仰るように、やっぱり音楽だけに向き合ったよ。2回、暗闇の中と歌詞を読みながらで、音楽だけを聴いた。そういうアルバムになっているよ。

ひとの在り方を歌うアルバムは久方なかったのではないかな。

楽園の中に、空のモチーフを入れなかった所以は。

 

8.陽炎~Kagiroi
アルバムの中央に陽炎置いてくるのずるい。こんな扇の要ずるい。

こんな言葉を堂本光一と奏でることを決めた堂本剛は。心の底を、普段ひとに晒さない心の底を、堂本光一と共有して形にしようと決めた堂本剛は。

こんなアプローチずるいよ。同じ音楽の中で違う言葉で同じことを言っている。

1番のサビと大サビの歌詞も歌割も同じなのに印象が違うのはどうして。
1番の方が浮遊の中で、大サビが地面に脚をつけて歌っているような感覚になるのは何故。

歌割を先に決めないと覚えられない、と言う言葉で堂本光一堂本剛の表現を受け入れた。

崩れ出す胸の耳を塞ぐ手のひらに流れた熱の赤い脈の美を知ってるのに…って史上最大級の堂本剛。それを歌うKinKi Kids

 

9.Plugin Love
また。時間に流れ流させるのではなく、自身で選択して、置いていく。なにかを切り離すことでまた一つ前へ進む。歩みを進める。

 

10.夜を止めてくれ
高音が抜ける曲が多い。儚さと煌めきを軌跡にきらきらと零しながら。

こんなにきらきらした音楽を奏でられるって凄い。決してぎらめいたりせず。細やかな粒子として輝く。

色んな二次創作のThemaになりそう。明るい曲調で歌い方で、もしかしたら許されざる恋の中にいる2人かもしれない。

 

11.Summer ~僕らのシルエット~
今のKinKi Kidsが歌う夏の爽やかソングができましたね!! 無理ない夏うた!!
夏っぽい楽曲が多いのはどんちゃんの性質に沿うのかしら。

 

12.KING PROTEA
キングプロテア。
プロテアの名は、ギリシャ神話に登場する、自分の意志でその姿を自由に変えられる神プロテウスに由来する。あまりにも立派で荘厳な花が咲くからである。南アフリカから熱帯アフリカにかけて115種ほどが分布している。樹高数十cmから数mの常緑の低木で、幹は直立し、葉は互生で、長い柄があり、革質で厚い。
花言葉:風格 王者の風格 豊かな心 自由自在 栄光


13.雨音のボレロ
ピアノの打鍵が一粒一粒雨粒のように感じる。情景が浮かぶ。ハイトーンの旋律が切なさを彩る。
僕が悪くて、君にごめんね、の世界がKinKi Kids

 

15.なんねんたっても
ファン一同合唱して2人のこれまでとこれからに捧げたい。
10年経ったら 何してるかな なんて歌っていたけれど、10年経っても、なお一層、2人はふたりで世界を歩んでいるよ。いつだって私達につよい光りを降り注いでくれているよ。

 

 

これがありのままのKinKi Kidsなんて、世界はなんて幸福なんだろう。

大切な人に誇りたくなる。私はこんな方々の愛の中で生きて命を紡いできたんだよと。

 

時代を前提に立っている

堂本剛 平安神宮 2016 8/27公演にお伺いしてきました。

 

平安神宮公演ははじめてで、実は今年のGWにふつうに伺っていました。

「ここで剛さんが歌っているんだなぁ」と思いながらお参りしていたのですが、数ヵ月後同じ場所で歌うお姿を見られるなんて…とご縁に感謝して時間を共有させていただきました。

※以下、記憶違いなどあるかと思います。何卒ご容赦ください。

 

 

1.I gotta take you shamanippon
2.Tu FUNK
3.I gotta take you shamanippon

竹に囲まれたステージ。斜めに切られた切り口の中に照明が入っている。

後ほどの、スティーブさんの今回のパーカッションも竹でした。半円状に長さの異なる竹が括りつけられて並んでいる楽器でした。

一瞬のtuを挟んで。敢えての挟みこみ(喜)

途中、客席に背を向けて両手広げて下から上にあげながら、腰を揺らしておしりをフリフリ…とんでもない(^q^) 全体的にゆったりした服装だったので、体が揺れる姿が優美で甘美(←叱)でした。腰にも水晶をつけて本当に巫女のようでしたよ…
4.Clap Your Mind
メロウというか少しスローテンポだった。なので振り付けもなし。剛さんはときどきに胸を叩いて客席を指さす。
2月に続いてセトリin。ここ最近の剛さんのマインドに合った曲なんだろうなぁと思う。
5.インスト~Believe in intuition…
自ずからの腕で叩いた胸、精神と意向による直感を信じること。しなる右腕と指先の美しさ。ベース、黒い身体と長いネック、抱き込むように鳴らす剛さんえろいよー。
この曲もスローテンポ。ムードたっぷり。今年は8月末だったけれど、開催月によって夕暮れの時刻が違うから、演出の違いもあるんだろうなぁ。
intuition、のクレッシェンドかかった音の広がりが心根に迫ってくる。
平安神宮の屋根にプロジェクション投影。鶴とか和のモチーフ。
6.TUKUFUNK
席を移り、ステージ向かって中央左のピアノの前へ。照明を落とした中で音を奏でる剛さん。
7.音楽を終わらせよう
明確な怒り。時代への怒り、こんな時代ではいけないというこんなにもあからさまで明確な警鐘。歌詞を変えて、今の時代と時代への想いを反映させている。
反比例して、この曲をピアノで表す堂本剛の心根。ギターでもベースでもなくピアノを選ぶ純真無垢の優しさ。
平安神宮の屋根に映る映像。いろんな種類の花が風に揺れる画。風力発電の画。火力発電の画。夕暮れで茜に染まる、空に茜が燃える画。あまりにも明確な画。明確なシーン。世間一般でも意味することは1つというような、わかりやすい暗喩。
8.Paint it, fill it with love
愛で塗りつぶす。こちらもlove、の重さ大きさ広がり。今日ここで指したit、それとは?

怒りは愛で塗りつぶす。変えたり待ったり呼び掛けるんではなくて塗りつぶす。「塗りつぶす」という言葉の剛さんの中のイメージはどんなモノなんだろう。

演奏中何回髪かきあげたのかな?素朴に考えたら、TVでの限られた時間であればともあれ、1時間半の表現では顔前にかかるはず。イコール色気確信犯? それともどなたかへのオマージュ?

ダンサーさん(どの曲か忘れてしまった)鬼の面を両手で持って舞う。剛さんの後ろに2人並び、面のみ上左右から出す。
剛さんと鬼を結びつけたことなかったなあ。鬼は神であり、一般的には恐怖や怒りのモチーフかなと思うのだけれど。それに託すくらいの心の一側面があるということなのかな。
9.NIPPON
平安神宮の屋根に月が浮かぶ。月?と思うと、この曲。
ここでニッポンかーくあーほんとに確信的なんだ堂本剛氏ーと内心ぐうぐう唸った。
ソラシドレ、って喉の鳴り方転がり方が美しい。いいかい、みるかい、の語尾の優しさ。
日本という国に、これからひとがどうなるか見ていて欲しいということかな。
10.これだけの日を跨いで来たのだから
暗転。ああそしてこれ跨なんだ。2月の本編最後と同じ曲。半年経って、それでも今の音楽の締めくくりはこれ跨なんだな。
ひとが生きることの確信をついた曲だと思う。
「あたしたちはね 歩んでいるの 一歩一歩と人生って”涙”を」と歌い、「人生って”みんな”を」で客席を指差し、最後「人生って輝きを」でバンメンをぐるりと指差す。
あの頃も悲惨な出来事があったけれど、今も悲惨な出来事があって。それでもそれも、生きてきたから。みんなの輝きがあるんだな。こんなにも美しい剛さんのお姿を眼に焼き付けられるんだな。
大サビ、小さなしゃぼん玉が無数に空を舞う。ステージ向かって左手から右手へ向かう風にのり、きらきらと光を反射させて飛び立っていく。剛さんはこの瞬きに、輝きに、何を託して。何を祈って。
11.セッション
何回見ても剛さんの指先タクト素敵。
最後リフト(上へ)。双眼鏡で見たら背景が白い霞のようなレーザーで、それを背に音楽を奏でる姿はほんとに天に祈り捧ぐ巫女のようで神子だった。
ダッチさんパートライティングが緑でこっそり笑った← ライティングや映像が時間図る鍵だったりするのかなー。
12.ごあいさつ
リフト、ギターをスタッフに預けて跳んで下りて。ありがとうございました、ってやわらかくやわらかい声で。京都で奈良で音楽を鳴らす剛さんの心にはやわらかさが表れるということなのかな。東京という土地にいない堂本剛はやわらかくて優しくてアルカイックスマイルを浮かべる時間の多い人生だったのかもしれない。けれど今こうして仲間と出会いいっしょに居るのも今の堂本剛

・空模様
昨日は雨が降って。
今日は風が吹いて、髪型7:3だったのが9:1くらいになって。スティーブみたいにしてくればよかったんですけどね。そうでないのが今の僕ですからね笑 ない髪をかき上げる仕草をするスティーブさん笑
・年齢
37歳、もう少しで40歳です。僕がいちばん、細胞から驚いているんですけど笑

こんなにキュートでセクシーな37歳、そうそうおられないですよ…驚きですよ。

・憤り

火のない所に煙が立つ時代。インターネットで書いたことが真実になっていく。

両手でキーボードを叩く指先をする剛さん。指の運びの美しさ。

・明日の天気

明日の天気…どうにかならんかと色々やってみます。

結果どうにかなりました。剛さんなにしたんだろう笑 それともファンの色々やってみたが通じたのかな。
・This is TD
今日会場に来れなかった方にも「愛してる」とお伝えください。
平安神宮映像化
平安神宮も映像化しようとしてます、諸事情ありまして…

冷静に考えたら、9月アルバムで10月ツアーだからそれ以降リリースだよね…今回の映像も加えたら年明けてからかな?楽しみだなぁ。
・合同参拝
5千人ちょっとがたった一人の腕の動きに合わせて2拍できるって凄いなぁと思う。いつも私達その御方のご指示に合わせて、跳んだり踊ったりクラップしたりペンラ振って回してますもんね!踊りたくて躍らされてますからね!笑

・This is TDその2

「これからも僕の人生に寄り添って頂ける間は寄り添ってください。僕も(皆さんが許す限りは)寄り添いますので。」

いま色んなことが起きて、将来を約束することってとても重いことな時期だと思うのだけれど。剛さんはファンと寄り添い合い、表に立ちながら生きると言霊にしてくださるんですね( ;  ; )

 

 

 

1曲目で世界へいざなって、2曲目と3曲目で己の心や精神の有り様を説く。4〜7曲目は時代への怒り、怒りを越えた先の悲しみ、悲しみを抱いたからこそ流れる涙、そして涙が流れることも、みんなみんな生きているから感じられることである。そう説く。時代と対峙する己自身の心模様を描く。
剛さんはセットリストで時代への憤りや警鐘を明確に表現した。けれど、7曲目の中でオーディエンスを、そしてバンドメンバーを指し、皆と心を通わせることで、それらを内包して受け止める。拒絶したり畏怖するのではなく、抱き留めて啓示する。君はそうでいいのか、と両肩を抱いて眼を合わせて問う。

その視線を真摯に受け止め、咀嚼し、行動へ変換していくことが恩返しなのだと思う。

 

平安神宮公演は直近発売のアルバム等に選曲の選定基準がおかれない分、今の堂本剛が奏でたい音楽、訴えたい言葉、伝えたい感情が詰まった公演なんだなと感じました。

 

 

 

堂本剛という御方は。時代に呑まれ、時代を見詰め、それから時代と対峙し、今は時代を前提に立っている。

きっと限りあるその瞬間瞬間をきちんと丁寧に生きて、それを丁寧に積み重ねていらしたんだろうと思う。ごりごりのfunkstarな時間の音楽だって、心根が優しく美しいひとの音楽だと感じられる。

だからいつまでもそのお姿や思考を知って見詰めて寄り添わせていただいて、生きていきたいなぁと思うのです。

 

ありがとうございました。